2009年09月23日

めんどくさがりや

髪を切りました。なんて書くと、イケメン俳優やアイドルのブログだったら結構大騒ぎなんだろうが、残念ながらわたくしはイケメンではない。w 「きゃーどんな髪型なんですかー黒ハート 写真みたいですexclamation×2」みたいな。www

海外で髪をどうするか、という問題は女の子にとっては大変な問題のようですが、僕はいつも同じところで同じようにしてもらっています。しかも髪を切るのがあまり好きではないので、もう長くてうざくて仕方なくて、しかも何か人前に出る用事があってこのうざさじゃちょっと、、、っていうときに僕は髪を切る。

一応日本人の美容師さんのところに行くんだけどね。

でも何が面倒かって、髪を切ってもらってるときに人としゃべるのが嫌なんだよね、、、。なんでなんだろう。しゃべるバイトをするくらいなのにね。髪を切ってもらうときは静かにしていたいんだ。僕にとって「しゃべる」っていうことは、何かしらエネルギーを消費することなんだと思う。しゃべりで思い出したけれど、なんで髪を切ったかっていうと、クリスチャンのミーティングでバイブルを読まないといけなかったんですよ。みんなの前で。それでちょっと清潔感を出そうかなって思って。

イケメンじゃない男の子が女友達を作るには、しゃべれないといけないんだよ。www つまらない話とか、落ちのない話とかを、どうにかして盛り上げる、、、っていうのを僕は無意識にエネルギー消費しながらやってしまうんだと思う。だから髪切られるときに話すの嫌なんだ! わかった。だって髪切ってるお姉さん、自分の犬が死んだ話をして「もう寿命だったんだよねぇ〜」とか言うもんだから、やっぱ会話を明るくしなきゃいけない!と思って、「子犬のころはでもさぞかわいかったでしょうねぇ〜」とかこっちも会話を明るい方向にそらさなきゃ!!みたいに思ってるもんだから、、、ふぅ、、、。笑

僕は基本的に疲れることが好きみたいだ。

今日も朝目覚めて、シャワー浴びて、走って学校に来て(僕は家からオフィスまではダッシュする)、ラジオ体操して、そしてまだ7時ですよ。今日書き上げたい章が一つあるんだ。

会話が飛ぶけれど、うちの大学、最近営業キャンペーンの趣旨みたいなものを大きく変えて、LANDっていう言葉をキーに、日本語でいうとなんだろ、、、「土地」を基本にした、、、ってちょっと違うような気がするけど、、、まあいろいろ宣伝している。もちろん土をやってる僕からすればいいことです。それで、その宣伝動画があがってるし、友達がいろいろ出てて(出演者は全部これ生徒)楽しいので見てください。僕の大学に来たこと無い人はまあこの宣伝で、15倍ぐらい大学が美化されていると思っていただいて間違いないっす。笑 途中で出てくる顕微鏡を覗き込んでいるヒゲのイケメンは、僕の大親友トムです。



posted by Ucchy at 04:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

お花見と心配事

あなたはクリスチャンなんだから、もっとクリスチャンらしいことをブログにも書け!と仲間に言われたんですが、僕は基本的に人生の波乱万丈山あり谷ありな部分をブログに書くので、自分の中の平和な部分(つまりクリスチャンであるってこと)は、ブログに書く必要が無いわけですよ。

だけど、普通に素直に書くよ。w

日曜日は教会(僕達は「教会」と呼ばないんだけども)に行くのが普通なんだけど、昨日は、日本人クリスチャンメンバー(日本人妻とNZ人ダンナが四組!!!)からお花見をしないか、と誘われたので日本人がたくさんいる自分の地元からは少し離れた場所でミーティングに参加してきた。

それが午前中で、そのあと桜が咲いている(咲いていたはずであろう)公園みたいなところでお花見。毎年これは恒例で、もうたぶん、、、五年くらいは連続で行われていると思う。日本人妻は増えていくし、もちろん当然赤ん坊や妊婦もいる。そして僕は今年も一人だ。

P1130473.JPG

でも桜散ってるし、、、。

「あらーよし君コロッケ作ってきたのー偉いわねー」と言われて照れる。相変わらず僕は子供扱いだ。僕のことをここに来たばかり(18歳)のときから知っている人たちは、やっぱりそのイメージが抜けないんだろうか。僕はあまりにも若くて何も知らなかった。「英語しゃべれるようになりたいなぁ」ってみんなに言っていたみたい。笑

滅多にこのメンバーでは会わなくなってしまったけれど「私達よし君のこと心配してるんだからね」とメンバーの一人に言われて、うれしいけれど申し訳なく思ってしまう。

僕は、余裕のある人生計画を立てるのが苦手で、常にギリギリだ。無理すれば出来るんじゃないか、とちょっとでも思えば自分のスケジュールに組み込んでしまう。恋愛も同じ。人のアドバイスを全く聞かずに好き勝手に行動して痛い目を見たことが幾度かある。

ただ、言い訳がましいけれど、例えば僕がニュージーランドに行くのだって、ある意味人のアドバイスと逆をいったわけだし(僕はよく「日本の大学に行ったほうがいいキャリアを積めるだろう」と言われていた)仕事に就かないでわずかな奨学金で博士をやることにしたのも同じようなものだ。でも僕は一秒たりと後悔したことなんてないし、痛い目を見た恋愛もしかりだ。

たぶんね、結局なんだかんだ言ってうまくいくし、僕はなんだかんだ言って自分の今の状況や今見える将来に非常に満足しているんだと思うよ。もちろん心配はかけたくないけれど、正直にじたばたしている自分を見せることが出来るだけで、少し僕は楽になっているんだと思う。
posted by Ucchy at 04:35| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

100回目

なんとなんと、今回でこのブログにしてから100回目の記事になりました。まあこのブログの前身みたいなものもたくさんあって、ウェブサイト作りみたいなものはたぶん2002年くらいからやっていると思うんだけど、とにかく100回目なのだ。

いつもコメントをくれるみんな(恥ずかしいからと言ってコメントをメールでくれる人も含めてwww)、僕は基本的に朝7時から夜11時くらいまでオフィスにこもって死んだような顔をして論文を書いているので、君達がかまってくれるのがほんとにうれしいです。ありがとう。

ここに書いておくと目標になるので書くけれど、昨日ミーティングがあり、クリスマスまでに論文を完成させることを目標にしようって僕は先生達に提案しました。そうじゃないともし日本で4月から働くことになった場合タイミングが悪いし、南極で研究をする先生の都合もあるし。みんな僕をサポートする、とおっしゃってくれました。いい先生達。

それでは100回記念ということで、僕のオフィスの壁をみんなに公開しようと思います。元気の出る壁です。笑

P1130470ed.JPG

左上から、ブラジルの地図。○がついてるのが僕が住んでいた街、マナオス。ここでの三年間は今考えると僕の農学への興味の原点だと思う。

右上は、とても大切で、いつもセンスのいいギフトをくれる友人からの本に挟まっていた、100%ギャグの元素周期表。全く役に立ちませんが見ていると自分の研究でのストレスが笑えてきたりします。その下はその彼女が撮った写真たち。

真ん中は、6歳になる友達の娘が書いてくれた僕。笑

そしてその左は牛と羊。牛は自分で買ったんだけど、羊はこれまたさっきの友人から。

左へ、友達家族。妹の成人式の写真。下は僕の高校時代の写真、友達から(ハワイから)の絵葉書、あとは卒業祝いにもらったスクラップブック。あとは来年の仕事関係の書類です。オフィスを変えたときに一度壁もきれいにしたんですが、やっぱり寂しいのでダメですね。笑 これがないとダメだ。

ほんとは仕事関係の書類で埋め尽くすべきなのかもしれないですが、僕の部屋の壁はほぼ仕事以外のものがぺたぺた貼られています。その右のホワイトボードは仕事関係の落書きが多いけれど。

今日はちょっと朝街に行かないといけないので、久々に外へ出てみます。笑
posted by Ucchy at 04:38| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

大学文化

昨日生徒会からメールが来て、University Gold という賞をいただけることになったらしい。たぶん日本語で言うと、大学文化貢献賞みたいなものです。月末に授賞式があるので来い!ということでした。タダ飯きたー!!www

勉強の方で賞をいただいたことは何度かあったんだけど、そんなのはっきり言って勉強さえちゃんとやってればもらえるものだし、賞金で本を買えたので良かったな、くらいのものだったんだけど、文化貢献で賞をいただけるのはほんとうれしい。ノミネートしてくれた人、ありがとう。

もちろんこの前動画を貼ったみたいに、文化祭の司会だとか、イベント企画だとか、そういうもので文化貢献をしてきたけれど、たぶんこの賞をもらえるのはそういう理由じゃないと思う。

このブログで書いたことがあるか忘れてしまったけれど、僕は今から4年ほど前に、大きな署名運動のリーダーとしてキャンパスを走り回っていた。当時、留学生はこの大学の40%を超え、この留学生の学費問題が大きくなっていた。具体的に言うと、ニュージーランド人学生には、毎年5%以上学費が上がらないという「5%Maxima Rule」っていうものがあったのに、留学生にはそれが当てはまらなかった。だから大学は毎年留学生の学費は好き勝手に上げることが出来、卒業しなければいけない留学生はそれを払うしかなかった。

当時の僕はまだ若く(笑)そういう不公平に憤りを感じて、かつ行動するガッツがあった。で、署名運動を開始したわけです。必要な数を集めるのはほんとに大変だった(そもそも留学生はあまり生徒活動みたいなのに興味がない)けれど、その署名をもとに、大学と交渉して、留学生にも同じ 5%Maxima Rule を当てはめることに成功したんです。

僕はイベントなどを通して「Happy」な留学生の顔を見て過ごすのが今は好きなので、今は生徒活動からは引退した、と宣言しているけれど、いまだに留学生問題はいたるところにあるし、決してそれらは解決する方向に向かってはいないんだよね。

十代で親から離れて、言葉もわからない土地で一人っきりになってしまうと、留学生はいろんな問題に巻き込まれる。そしてテストや宿題によるプレッシャーも高いので、留学生というグループにはそれなりのケアが必要だし、何か問題があったら先頭に立つ人がいないといけない。

そういうことを少しでもやってきて、大学側がこういう形で認識してくれているんだったら、ほんとにほんとにうれしいです。一年に一度しかないので、これでもらえなかったらたぶんもう来年はなかっただろうから。

今の僕の大学の生徒会は、ほんとにおとなしくて、いろいろやっているつもりなんだろうけれど、僕だったらこうするのに!!!と思わずにはいられない。留学生も経済の影響で減っているし、いい人材は外に出て行ってしまうし、生徒達がもっと活発になればキャンパスも少し活性化されると思うんだけどなぁ。ただ、今の僕には時間がないし、それにこのキャンパスにこれからもっと何年もいるであろう人たちにそういうこと考えてほしいんです。
posted by Ucchy at 05:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

夜勉強

昨日は午前中よかったんだけど、午後からなぜか気分が乗らなくなってしまい、もういいやって思って気分転換に街まで行ってきた。

そういう日もある。

夜に街でクリスチャンのミーティングがあったので、またスーツだったんですが(笑)スーツで一人でショッピングモールを夕方うろうろしてると目立つね。しかもおにぎりとか食べてるから俺、、、。www

そんなわけで人目を避けるように隣の大学の図書館へ移動。あそこは日本語学科があるので、日本語の本がたくさんある。時間つぶしによく行くんだけど、今回は村上春樹さんの短編集を二時間ほど読む。ちょっと思ったけれど、村上春樹さんが好きな人って大抵現実逃避が上手な人だよ。僕はどっちかというと、現実的にありえないような話や小説の方が好きです。だけどファンタジーは読まないからまたこれひねくれているんだけどね。なんていうか、ハリーポッターのようなのはたぶんダメです。読んだことないけどね。ありえそうにない恋愛小説とかは好きです。ぎりぎり自分でも0.001%くらいありえそうな小説が好きなのかな。

夜それで10時くらいに家に戻ったんですが、なぜか家に帰る気がせず、大学へ戻る。それでも勉強する気分にもならず、仕方ないので手紙を書きました。

P1130468.JPG

誰に書いたかはないしょです。ただ、なんていうか、メールはぼんやり書けるけれど、手紙は集中しないと書けない。だから気持ちがこもるんじゃないかな。今朝出そうと思って封をしたまま机に置いてきたんだけど、今思うと、テンションが低いまま書いた手紙なのでこの人大丈夫かなって思われないか心配です。まあでもそれも自分ですからね。
posted by Ucchy at 05:28| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

Family

この前初めて会った知り合いが、「今度夕食に呼ぶよ」と言っていて、どうせ言ってるだけじゃろう、、、と思っていたらほんとに電話かかってきて呼ばれた。

あまり知らない人なので緊張。

しかも奥様と子供が二人いて、なんていうか、俺みたいな独身男からすれば申し訳ないくらい平和な空間が広がっている。笑 ただ、知らない人をよく知るようになるには、飯でも食わないと始まらないので、いいチャンスです。

しかも「君はチェロを弾くんだって? 子供に聴かせたいので弾いてくれないか?」といわれてしまい、大慌てでちょっとした子供向けの曲を二つばかり練習したりして(何やってんだか)大変だった。

僕はチェロを基本的にオーケストラで弾いているので、ソロは困る。レパートリーがないし、無駄に緊張するし、、、。でも子供達、興味津々で楽器にもちょっと触ってもらえたし、いい経験になったんじゃないかな。チェロなんて触る機会ないだろうから。何かのきっかけにはなったかな。

あまりにも清く正しい家族だったので、なんだか居心地が、、、でも日ごろしないことをするってのは常に刺激になっていいね。

それが土曜で、日曜はでもいつも会う友達と焼肉に行って語り合いました。うーんやっぱり親しい友達のほうがいいなぁ、、、。



さて、、、私服でしょ!!

えーとこれが最近の僕の中での流行りの服です。

P1120631websmall.jpg

あはは、うそうそ。ジョークだよ!! 普通に怒られそうで怖いな(メルボルンでショッピングをしてくれたファッションコーディネーターは僕が変なジョークを言うと怒るんだよね)。

はい、今日はこんな感じです。私服の写真なんてめんどくせーと言いながら、朝からわざわざ実験室まで行って撮ってるし、、、。顔抜いた。どうしてもポーズがわからないので、フラスコさん二人に参加していただきました。

P1130467small.JPG

緑なんて無理やり買わされないと絶対手にとらないからねぇ。なかなか興味深い経験をしました。さー今週も書くぞー! 先週けっこう進んだんだよねなんだかんだ言って。旅行したのが良かったのかもね。
posted by Ucchy at 05:10| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

ぶれないということ

今日写真ないよっ! 私服の写真はまた今度!www

そういえば9月11日なんですね今日は。たしか、あのテロがあったときに僕は高校生で、留学を真剣に考え出したころだったと思う。英語の授業中に僕達は授業そっちのけでテレビを見ていた。アメリカ帰国の同級生達は頭を抱えていたし、先生もじっと画面を見つめていた記憶がある。

僕の高校(都立国際)は、僕も含めて海外帰国生徒が多く、特にやっぱりアメリカ帰国の生徒達の存在感は際立っていたから、他の高校よりもショックが大きかったんだと思う。記憶違いでなければ、確か、テロの後アメリカ軍基地関係の父を持つ一人の生徒が学校に来るのをしばらく止めていた、、、。

僕への個人的な影響としては、留学先候補としてアメリカが除外されたことだと思う。母親が特に心配して、「あんな国ダメ」と有無を言わさない感じで言われてしまった。それで、アメリカ以外、ということで、ヨーロッパとオセアニアが残ったんだけど、学費が当時のレートで断然安かったオーストラリアとニュージーランドを候補にして、どちらかというと安全そうな(少なくとも当時の僕にはそう思った)ニュージーランドにした、、、。

たまに、他の国に行っていたら、日本の大学に行っていたら、と考える、、、。個性がつぶれてしまっただろうか、とか、むしろ逆に苦労が少なかったんじゃないだろうか、とかね。

僕は、「苦労をしてきた人間」のオーラを出すのが嫌で、「努力しないでも出来る人」のオーラを出すように常々努力している。笑 なんて矛盾している文章なんだ!! とにかくでも言いたいことがわかればいいんだ。

そんなわけで僕は今こうしてニュージーランドにいるわけだけど、何かの拍子でふと今日、「小さいころ就きたかった職業」のことを思った。そういえば僕は小さいころ(ほんとにほんとに小さいころから)自分の夢を書く欄には必ずこう書いていた。

「昆虫研究家」www

ぼくはかぶとむしやくわがたがすきなので、それをけんきゅうするかがくしゃになりたいです。

みたいな!!!!

俺ぶれてない!!
でも対象が昆虫から微生物になってる!!! どこでミクロになってしまったんだ俺は。そういう意味では、僕は子供のときから夢見た仕事を今しているわけだ、、、。それにしてはなんだか幸せが足りない気がするんだが、、、。いいのかな。高校時代も「温暖化をどうにかしたい」みたいなことを俺は偉そうにほざいていたらしく(自分は全く覚えていないが)、友達に「うっちーは地球温暖化を解決してください」みたいなことを文集に書かれている。

僕はもちろんコツコツやってきたけれど、それだけじゃなくって、先生や大学や、スポンサー企業や、家族に恵まれたおかげで科学者になってるわけであって、忘れがちだけどど真ん中ストレートでやりたいことをやりたい放題やらせてもらってるので感謝しないとね。ありがと。
posted by Ucchy at 17:32| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

ぼんやり

なんかまだ旅行ボケだなぁ。外見てぼやっとしたりしています。

書かないと。

作家って一日中書いているんだろうか、、、。すらすらと言葉が浮かんでくるものなんだろうか。でも作家の場合、ストーリーを基本的に作るわけでしょ。科学者はストーリーを作ることは出来ない。すべてある意味ノンフィクションなわけだ。でもそれともまた違うような気がするなぁ。事実を記録しているわけではないもんな。事実に基づいてどう考察するか、、、っていうことが科学者にとって一番重要なんだろうけれど、それはただ「思ったこと」じゃなくて、他の研究結果との比較だったり、それらに対する批判だったりするわけだよね。

僕は自分の論文を通して、地球温暖化が危ない危ないってみんな言っているけど、何がどう危ないのかはまだまだわかっていないんだよ、っていうことを少し伝えたいと思っている。ただ、それは結論としてあまりにも曖昧だしはっきり言って今の科学が行くべきである(とみんなが思っている)方向とはちょっと違う。

少しずつはまとまってきていると思うんだけど。まだまだ頭の中でのみだけどね。

最近のサイエンス誌によると、温暖化対策として、衛星を打ち上げて無理やり雲を増やすだとか、大きなパネルみたいなのを宇宙に張って太陽光を反射させるとか、ポンプを使って二酸化炭素を地中に吸い込ませるとか、地球温暖化対策はなんていうか「エコ」というかわいらしい環境対策からSF的なオプションに変わってきているようだ。

なんども言っているけれど、本気で二酸化炭素を減らそうと思っているなら、こういう映画まがいのことをやっていかないと減らない。それか生活レベルを低くしなきゃいけないんだよ。

僕はクリスチャンなので、地球が滅びるなんてことは信じていないが、人が地球温暖化についてどこまで考えているのか、政府や経済がどうこの分野で人を動かしていくのか、ということについてはとても興味があるんだよね。テレビや本でよく聞くわりには、一人ひとりの「地球温暖化」に関する知識はあまりにも乏しい。

あーまたまじめな日記になってしもうたので、この前の文化祭の司会映像を。友達が撮ってくれてたみたいなんだけど、、、これは恥ずかしいなぁー。まあこういう不真面目な一面もありますってことで、、、。これでも緊張してるんですよ。大学ではこうやって司会を頼まれることが多いので、衣装もいろいろ持ってます。笑



この後、歌唄ったんだけど、さすがにそれは恥ずかしすぎて無理。見たけど。www
posted by Ucchy at 05:34| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

ただいま。

4日ほどオーストラリアへ行ってました。

友達の結婚式。僕の仕事は、通訳と運転手とその他もろもろ。新婦(日本人)の家族と友達の面倒見係だった。ほんとにでもいい結婚式で、幸せをいっぱい分けてもらった気がします。いい夫婦になるよ。

結婚式で通訳をしたことは何度かあるんだけど、いろんな感動がある。外国人との結婚っていうのは、ほんとにしたことがある人にしかわからない苦労がいっぱいある(と思う)。相手の家族との関係、日本との距離、違うしきたり、ビザ、、、。

結婚式の後のパーティー会場で、新郎が僕に通訳を頼んで、新婦のお父さんにお礼とお詫びがしたい、と言ってきた。詳細は書かないけれど、僕は感動で涙をこらえながら通訳をしないといけなかった。お父さんと新郎は最後に握手をして抱き合って、僕はちょっとでもそういうことに関係できたことがうれしかった。

それに日本人がたくさん集まるアフタヌーンティーに別の友達に連れて行ってもらい、新しい友達がいっぱい出来た。しかもそのうちの何人かは、僕の私服を買うためにわざわざ次の日、一緒にショッピングをしてくれた(私服がダサいのがばれたためなんだけど)。ほんとにみんな明るくていい人たち。

写真を載せたいけど、個人の顔が出ちゃうから、、、この前の会議の司会をしたときの写真をもらえたので、そっちで我慢して! またスーツなんだけど(オーストラリアでスーツばっかりなので私服のセンスの話になってショッピングに行くことになった)。

LU Post-graduate Conference_DSC6996.jpg

新しい人に会う、とか、新しい場所に行く、とか、そういうことって少し億劫な時もあるけれど、絶対いいことがある。それぞれの人にはその人にしか見えない世界があって、新しい人に会うたびに、その人の目から見える世界をちょっと感じて、自分の視野が広がる、、、難しく言えばそういうことだと思う。
posted by Ucchy at 10:08| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

Officially春

Conferenceもなんとか終わりました。それで、明日からちょいとメルボルンへ行ってきます。お隣の国へ。友達の結婚式です。

それにしても結婚ブームだ。昨日もある親しい友人からメールが来て、12月に結婚とのこと。12月はすでに他の友達の結婚式に出席することになってるので(こっちで)、日本のその友達の結婚式には残念ながら行けなそうです。

やっぱり同世代だと女友達から先に結婚していくようです。男友達や知り合いで結婚したのはまだあまりいないみたい。男達は僕みたいに相変わらずフラフラしているのばっかです。


論文書きがわりと順調なので、なんか夏に実験をやらせてくれよ、と先生に頼んでみた。少しでも業績を今のうちに上げておいたほうがいいだろう、ということ。もし日本へ行くようなことがあれば、その新しい会社や大学に慣れるまで時間がかかるかもしれないしね。なんでも先々考えて行動しないと。

科学者の世界は実績がすべてで、それがいい、と思ってこの世界に入ったけれど、それはそれで大変だ。博士なんて、その辺の高校でクラス一位だったような奴らばっかだし、そんな奴らが集まって競争し合ってるんだからみんな必死になるわけだ。まあ土壌の世界はまだマシなんだろうけど。

数学とか医学の博士の世界なんてどんなんだろうね。

日本語での資金申請の書類書きも最近やっている。今の奨学金は来年2月末で切れるし、やっぱり日本とのつながりは大事だから。ただ日本語で書くというのはほんとに難しい。自分でははっきりと書いたつもりが、知り合いに見ていただくとわかりにくいだとか、具体例に欠ける、とか言われてしまって、やや凹みます。何事も勉強です。

来年の1月には、僕の先生は南極へ行くらしく、一月くらいいないので、まあ11月くらいに何かを形に出来れば、と思っています、、、って言ってどうなるかわからんけど。
posted by Ucchy at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

Postgraduate Conference

大学院生による、大学院生のための会議、Postgraduate Conferenceの実行委員をやってるっていうのは前に書いたと思うけれど、今日明日とその会議が行われています。僕はスポンサー(金!)を探してくる役だったので、日本人の得意な「頭下げ回り」をしてお金を集めてそれで終わりだと思ったんだけど、結局司会をまた頼まれてしまった。

文化祭の司会よりも、こういうフォーマルなのは緊張する。なんとか今日は終わったし、明日はたぶん別の人が司会してくれるので、僕の仕事は大体終わった、、、。

司会っていうのは、とにかくやって慣れるしかないもので、場数を踏まないとうまくなれない。僕もだいぶやったけれど、今日もなんかいろいろ細かい間違いをしたり大変だった。疲れた。

だけどがんばってデザインしたポスターがこうやってプログラムになっていたりするのはうれしい。

P1130283bl.JPG

発表した人達もなかなかみんな上手で、場慣れしているなぁと思いました。夜はこうやって交友を深める、というかただの飲み会、、、。

P1130290bl.JPG

今年は頭を下げた甲斐もあってお金が余計にあったので、バンドを呼んだ。地元の高校生のジャズバンド。なかなか上手でびっくり。高校の外で弾くことはほとんどない、とのことで、今度また何かあれば呼ぶよ!と約束する。

P1130297bl.JPG

なんかいろんなことをやって毎日が過ぎていきます。忙しいのはいいことだ。
posted by Ucchy at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

亜酸化窒素の時代

僕が、牛のオシッコから出るガスを研究している人だ、というのは何度か書いたので知っている人もいるかもしれないですが、昨日付けのサイエンス誌で非常に興味深い記事が出たので、自分へのメモも兼ねて書いておきます。

僕が研究しているガスは、亜酸化窒素(N2O)といって、一応温暖化ガスとして知られてはいるものの、かなりマイナーと言っていいくらいで、温暖化ガス=二酸化炭素という考え方が主流のこの世界で寂しい思いをすることも何度かありました。

で、この昨日出た記事なんですが、さっそく毎日新聞が取り上げているので、リンクを貼っておきます。

亜酸化窒素:オゾン層破壊、N2Oも脅威 規制強化を−−米チーム解明
http://mainichi.jp/life/ecology/news/20090828dde007040002000c.html

ちなみにMIXIでも見れる。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&id=943562

元ネタ(サイエンス誌)
Ravishankara, R.A. Daniel, J.S. Portmann, R.W. (2009)
Nitrous Oxide (N2O): The Dominant Ozone-Depleting Substance Emitted in the 21st Century. Science DOI: 10.1126/science.1176985
http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/1176985

フロンガスでオゾン層が破壊されるっていうのは、たぶんここ10年くらいいろんなニュースになったので、知っている人も多いと思うんだけど、この亜酸化窒素もオゾン層の破壊に関わっている。でも今までは亜酸化窒素がオゾン層に与えている影響ってほんとに小さなものだと思われていて、僕達も亜酸化窒素に関する記事を書くときには、それについて少し触れる程度だったんですが、この記事でちょっと時代が動いた気がします。この記事が言っているのは、21世紀に入ってからのオゾン層破壊に最も関わっているのは亜酸化窒素だ!っていうことなんです。たぶんこういうこと考えていた人は多かったんだけど、データとして出したのはすばらしい。なんでも出版したもん勝ち。

フロンガス削減ということで、スプレーや冷蔵庫などの生産方法が地球規模で変わったのと同じように、これで農業関係の窒素の使い方ももしかしたら変わってくるかもしれない(亜酸化窒素は農地から出るので)。研究者にとって、自分の研究分野が新聞などのメディアの注目を浴びるのはとてもうれしいことなので、ちょっと興奮してしまった。
posted by Ucchy at 10:48| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

ストレート

今日は、教会関係の大きな集まりがあって、一日行って来ました。いろんな街からメンバーが集まったので、久々に会うメンバーもいて楽しかった。その関係で、昨日の午後、会場を清掃するボランティアをしたので体が痛い。なんでいうんだろ、バスケ場とかにある固定イスあるじゃん。あれを何百と拭いたんだけど、あの高さは腰を痛めるのにうってつけですね。当日腰を痛めてギブアップした女の人がいたくらいだから。

でも、楽しかったけど、やっぱり「最近どう?」みたいなことを久々に会う知り合いに聞かれると、いろいろ私生活について話すのは面倒だね。

僕のことを知っている人ならわかると思うけれど、僕はストレートしか投げられないピッチャーのようで、人との会話も、好きな女の子に「好き!」って言うときも、基本的に思ったことそのまんまで、のらりくらりと変化球でかわしたり出来ない。ズバッと真ん中に投げるので、真っ直ぐ決まればいいけれど、打たれると大抵ダメージが高いホームランだ。笑 人を傷つけてしまうことも多々あるし。

それに僕は、弱い部分を人に見せるのが大の苦手で、ほんとに追い詰められないと親しい友達にさえ弱い部分を見せられない。これも知っている人は知ってると思うけれど、僕は友達の家に泊まらせてもらうのが苦手で、基本的に友達のいる場所へ遊びに行っても泊まらずに帰るか近くのホテルに泊まる。なんていうか、寝ている自分=弱い自分だから、そういうのを見せられない。非常に神経質で面倒くさいでしょ。わかってるよ。笑 

ちなみに僕は授業でもどんな会議でも講義でも、寝たことが一度もない。別にいい子なんじゃなくて、あんな明るい場所でみんなに寝顔なんて無防備な顔見せられるわけないから。

そんなわけで疲れたんですが、たぶん明日は休んで日曜にまた会場に行きます。三日間あるんだよね。

僕が科学者なのに教会に行くってことを不思議に思う人もいるようだけど、そういう人、この国にはいっぱいいるし、僕は科学者だけど例えば進化論や宇宙の始まりを研究しているわけではないから、特に宗教が研究に関して問題になることはないし、無理に勧誘したりしないから大丈夫だよ!!笑 

困ったときの神頼みっていう言葉もあるけど、俺は神様もそうだけどその前にもっと人に頼らないとダメだな、、、。


硬い話になってきたので、話題を無理に変えます。笑

俺のオフィスにはフルーツとかポテチとか、後輩が持ってくるチョコとかであふれているんですが、なんか健康によさそうなものをもっと食べないとやばいということで、最近はまっているのがこれです。

doles.jpg

ドライフルーツっていう? 特にマンゴーはうまい。僕はマンゴー、生ではあんまり好きじゃないんだけど(ブラジルに住んでたのに!!)これだとパクパク食べれちゃいます。

ただ、この砂糖まみれのフルーツがはたして健康にいいのか、というのが問題なんだけどね、、、。チョコよりはいいんじゃないか??
posted by Ucchy at 18:21| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

ハイキング

後輩が、「授業休みだからどっかつれてけー」とうるさいので、ハイキングとついでに温泉に行ってきました。学部生が授業があってもなくても僕みたいな院生には全く関係がないんですが、、、。笑

とにかくでも僕もストレス解消したかったし、学校なんてさぼっちゃえ!ということで一日ドライブしてきました。

温泉に浸かっている間だけなぜか大雨という変な天気でしたが、ハイキング(二時間くらいかな)も良かったし、それ以外は晴れていたので最高。ずいぶんとリラックスしてきました。

帰りはちょっと郊外にある鉄板焼き屋さんへ。日本人社会が狭い町なので、日本食屋に行くと店員と話が盛り上がる。あ、リンカーン大学だったら○○さんとか知ってますか? みたいな。卒業生のうわさをいろいろ聞いて楽しかった。

P1130277bl.JPG

晴れた日のドライブは最高です。こういう景色を見ると細かいこととかどうでもよくなるね。

P1130257bl.JPG

ハイキングコースはこんなん。なかなかいいでしょ。行き帰り共に人っ子一人見なかったんだけど、、、。

P1130269bl.JPG

このコースのはじめのところに小さな小屋があって、そこで作ってきてもらったお弁当を食べたりしました。僕はほんとにいい友達に恵まれている。

うるさく言われないと家やオフィスから出ないので、こうやって無理に連れ出してくれる人がいると助かる。たまに外に出るといろいろアイデアも浮かぶし、頭も多少よく働くような気がします。

森の中を流れる雪解け水とか、木々から飛び出してる新芽とか、そういうものってほんとに体にいいんだろうね。
posted by Ucchy at 05:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

Kiwi友達

今日は写真ないよっ!

たまに、「ニュージーランド人の友達がなかなか出来なくて」という相談を日本人からされる。「どうすればいいですか?」って言われるんだけど、友達の作り方なんて人に習うもんじゃないと思うし、僕だって別に「あ、この人ニュージーランド人だから友達になりたい」とか思ったりしないし(別に人種は関係ないじゃんね)こういう相談はなかなか難しい。

ただ、一般的にニュージーランド人はシャイで多少排他的な部分があるので友達になるのに苦労するのはちょっとわかる。女の子だったら「アジア人大好きニュージーランド男」というカテゴリーに属する人たちが寄ってくることもあるかもしれないけれど、逆はまずないから、男は友達作るのに苦労するかも。

一つだけアドバイスできるとすれば、ニュージーランド人の真似をすると手っ取り早く友達が出来る。いくら顔が違っても、誰だって趣味や好みが似た人なら友達になろうとするでしょう?

僕はこっちに来てラグビーのルールを知ったし、羊の毛も刈ったし、牛の乳も搾った。食べ物もまずいと思ったけれど、ラムにミント・ソースをかけてなんとか食べられるようになったし、地元チームのラグビーの試合には友達を応援しに行く。

せっかくこっちに暮らすんだったら、ニュージーランドっぽいことは全部やっちゃった方がいいかなって思って。そうすると結果的に友達が出来るようになったような気がする。そうすると生活も楽しくなってきて、7年住んでも飽きないしね。

そんなわけで今週末は、地元のラグビーチームが準決勝に進んだので、それを見に行って、友達が殴られたり踏まれたりしているのを見て楽しんで、そのあとまたニュージーランド代表オールブラックスの試合があったので、別の友達の家に見に行っていました。それもまた鼻とか頬とかいろんなとこの骨が折れたり血が流れたりとひどい試合だったんだけど(ラグビーってなんであんな怪我するんだろうね)まあニュージーランドっぽいでしょ。

もちろん僕は日本人も好きなので、日本人との付き合いも大切にはしているけれど、同じくらいニュージーランド人も好き。

「絶対日本のほうがいい」って思っちゃうと生活がつまんなくなっちゃう。僕はニュージーランドのいいところたくさん知っています。
posted by Ucchy at 12:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

日本の今年の残暑はどうなんでしょうか。こっちは春らしくなってきました。もちろん寒い日が続いてはいるんだけど、ここで迎える春も八回目なので「春」を感じる感覚も鋭くなってきているんだと思う。ちょっとした花の香りとか、日が長くなってきたなっていう感覚とか、、、。

どんな冬にも春は来るんです。人生も同じだね!

そんなわけで、朝っぱらからカメラをもって怪しくキャンパスを徘徊して撮ってきました。

P1130223bl.JPG

もう少しで咲きそうです。

P1130241bl.JPG

焦って咲いてしまったのか??

P1130242bl.JPG

こんなに咲いている木もありました。きっと微妙に気温とかがキャンパス内でも違うんだと思う。ビルの陰だったり、風が通る場所とかそうじゃない場所とか。農業用語ではそういうのをMicroclimateと言って、例えばこの辺でもちょっとした山の間に出来た谷の底のようなところで、ここでは育つはずもないオリーブとかが生産できたりする。

暖かいんだよねそこだけ。

桜を見ると日本を思い出します。卒業式とか入学式とか。僕は来年四月の卒業式には出たいんだけど、タイミング的に間に合うかどうか、、、。それに仕事もあるしね。
posted by Ucchy at 06:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

Lecture

博士課程も三年目になると、先生の授業を手伝ったりとか余計なことが増えてしまう。そんなわけで今朝は僕の先生の Biogeochemistry and Climate Changes というクラスを一時間教えて来た。それにしても八時半から授業って、、、学部の人は大変だ。

まあアクビしてる生徒もちらほらいたけど(怒)一時間やって、二、三回質問も出たし、少しでも「面白いな」って思った人がいればよかったんじゃないでしょうか。

当たり前だけど、僕達は大学で授業をすることがあっても、先生になるための教育を受けているわけではない。それは教育学部の連中であって、僕達は科学者だ。科学者には面白い授業をする義務はないし、いい科学者であるためには面白い授業が出来ないといけないのか、というと全くそうではない。

むしろ、科学の世界で優秀な人、というのは、一般の人が聞いてもわけわからんことを考えたりしている人が多く、そういう人の話というのは自動的にわけがわからなくなってしまう。

でも、僕は学生がわかる授業が出来る人でいたいし、学生の面倒をきちんと見れる先生になりたいな、と思う。僕はそういう先生に支えられてここまで来たわけだし、やっぱり外人だし英語出来なかったから、特に大学一年、二年のあの何もわかってなかった時期に面倒を見てもらえたことは大きいんだよね。

話は変わるけど、僕は基本的に一人のときは暗いので、部屋も暗くしているんですが(笑)、「太陽を入れてみたらどうかな?」ってちょっと思ったもんだから(普通そう思うんだろうけど僕は滅多にそういうことを考えない)、ブラインダーを上げてみました。

散らかった机の上に注ぐ太陽光ですよ、、、。やっぱり太陽は心を洗うね。

P1130220bl.JPG

今日、友達に誘われて昼からビールをやってしまった、、、。日に当たりながらビールを飲むと酔うね。笑 午後からはだから仕事になっていません。
posted by Ucchy at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

インターナショナル・ナイト2009

昨日はインターナショナル・ナイトっていう、文化祭的なイベントが大学でありました。一年に一度あるイベントなんだけど、僕は過去8年くらいこのイベントに参加してきて、ここ何年かは司会をやらせてもらっているんだけど、今年は例年よりも参加者が多くて、あとボランティアの学生達も多くてほんとに良かった。

このイベント、二つのパートがあって、最初はいろんな国の食べ物が食べられるでかいビュッフェみたいのがあり、そのあとステージでパフォーマンスをみんなで見る、みたいになっています。

とりあえず、ビュッフェの写真とリハーサルの時の写真をアップします。パフォーマンスの写真は誰かがくれると思う。日本は、「かりゆしの夜」っていう歌(BEGIN)をみんなで(といっても三人でだけど)唄いました。そのときの動画あるかなぁ、、、。あったらまた見せます。

P1130217ed.JPG
こんな感じです、ビュッフェは。今年は15の違った国の留学生がそれぞれ料理をしたので、ほんとにいろんなバラエティーがありました。サウジアラビア料理とか、ネパールとか、不思議な食べ物がいっぱいでした。

P1130206ed.JPG
ボランティアの学生が食堂のキッチンで前の日から準備します。スペースがなくて、喧嘩になったり、材料がそろってなくて急遽買出しに行ったり、もうカオスです。

P1130205ed.JPG
日本料理は、今年は簡単にいこう、ということで、まず天ぷら、そしてから揚げ、あとは鶏肉の味噌焼き、というメニューでした。本当はサバの味噌煮にしようと思っていたんだけど、サバが手に入らなかったようで、急遽チキンで代用です。海老天は見てのとおりかなり豪華でしたよー。

P1130187ed.JPG
司会なので、リハーサルは最初から最後まで目を通して何をしゃべろうか考えます。観客の笑い声が聞こえると、あぁ司会やってよかった、って思います。これはタイの学生さんたちかな。本番の衣装とかもすごかった。

毎年、本番中は忙しすぎて写真を撮れないので、撮った人下さい、、、。
posted by Ucchy at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

Coffee

日本って、スーパーで売っているコーヒーの種類はたくさんあるのに、外で売っているコーヒーはあんまりおいしくないんだよね、、、。なんででしょう。コーヒーは何の豆を使うかってことも大事だけど、どうやって作るかってことも同じくらい大事だと思うんだけどなぁ。

ニュージーランドはエスプレッソが主流で、おいしいカフェを見つけたら、そのカフェで豆を買ってくることが大抵の場合可能です。そんなわけで外で飲むおいしいコーヒーが家でも飲める。

でも正直、家でコーヒー作るより、3ドル払って近くのカフェで買ったほうがいいじゃんって思っちゃう。

そんなわけで日本でこれ買って来た! コーヒーのドリップバッグ。さすが日本の食品加工技術。こんなんでちゃんとしたコーヒーの味がするんだもんなぁ。偉い偉い。オフィスに置いてあるのですぐに飲んでしまいそうです。大事に飲もう!

P1130186.JPG

たぶん、俺一日に三倍以上はコーヒーを飲む。インスタントも含めて。それに紅茶を二杯とか。ちょっとカフェイン中毒かもね。眠いからとかじゃなくて、なんとなく口が寂しいから、、、かな。チョコとかだと太るし、そもそもコーヒー紅茶はタダだしね。
posted by Ucchy at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

帰国写真

親も見ているだろうから、日本に帰ったときの写真でも載せようかな。今日は一日バイトで、そのあとこうやって意味もなく大学に来て、音楽を聴いたりしています。もう少し暗くなってきたら論文を書こう。

少しずつ、コツコツやれば、科学の世界は裏切りません。僕はそのことをよく知っています。焦ってやると何もうまくいかない。無理してまた帰りたくなっちゃったりしたら嫌だし。今度帰るときは仕事が決まったときだから。

まずうちの忠犬(ということになっているらしい)。顔から知性が全く感じられないのは気のせいです。うちの実家はこいつと妹が中心に回っているので、かなりの無法地帯です。

P1130086hana.JPG

千葉に引っ越してから父がはまっている畑。枝豆を収穫しています。見てのとおり葉っぱを大きくしすぎて実があまりならなかったんですよね。残念。採れたての野菜は、栄養分も糖分も当然高いですから、贅沢ですよね。僕なんて一人暮らしで冷凍野菜がほとんどなので、ビタミンをずいぶん補給してきました。

P1130088hatake.JPG

千葉のビーチもなかなか素敵。人も少ないし。最近ちょっとサーフィンがしたい。似合わないってわかってるけど、、、。でもボディーボードをやるから、あれの長いやつで、その上に立てばいいんでしょ? っていう気楽な考えなんですが、、、。チャンスがあればこっちにいる間にやってみないと。

P1130132beach.JPG

濃い二週間だったなぁ。
posted by Ucchy at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。