2009年12月30日

Never say goodbye

今、オークランドの空港で飛行機を待っているところです。

ここ5日間くらい、オーストラリアから友達が三人来ていて、みんなで旅行したりご飯を食べたり語ったりしていました。今朝早く別れて、クライストチャーチを飛び立って、僕は一人で空港の硬いイスに座っています。

僕はでも一人ではない。この国を出ることになっても、この国で築いた友情は消えることはない。そんなことを思わせる出来事がたくさんたくさんありました。みんなありがとう。

このブログはとりあえずお休みとさせていただきます。ウェブを通して自分のことを伝えるための小さなホームページを作ったのが2002年の年末だったから、HAPPY NZ LIFEはかれこれ7年続いていることになります。形を変えながらね。

僕はさらなる成長を目指して新しい場所で新しい仕事にチャレンジします。僕らしくあるために、そして誰かの役に立っている、と心から言うことができるように。

みんなありがとう。そしてありがとうニュージーランド。こんな僕を8年近くも受け入れてくれた、そんな国とそこに住む人達に感謝です。
posted by Ucchy at 04:01| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

報告

やっと大学が終わりました。金曜日の朝は、スタッフと大学院生で朝ごはんをみんなで作って食べました。毎年恒例のイベント。Di教授は卵を炒めて、Cameron教授はベーコンを焼く、、、という風に大体役割が決まっている。このイベント、数えてみればもう僕は5回も参加している。大学4年生の頃はまだ土壌学部に慣れず、緊張していたけれど、今では特に学生の中では古株になってしまった。

前から言おうと思ってタイミングがわからずこんなに後になってしまったんだけれど、実は数ヶ月前に仕事(ポスドク)のオファーがあり、僕はあと10日ほどでこの国を出ることになっています。どこの国に行くのかはここでは書かないけれど、僕はニュージーランドから出て、新たな場所で科学者としての第一歩を踏み出すことになります。研究分野は何を隠そう(笑)土から排出もしくは吸収される温暖化ガスです。僕のやってきた研究がそのまま生かせるので、ほんとに僕にはもったいないくらいの仕事です。

そんなこんなで最近ひどく忙しい上に精神不安定で(笑)8年居た土地から出ることが非常に不安です。ブログもどうするか考えています。だってHappy NZ Lifeじゃなくなっちゃうからね。

でも、世界的に就職難と言われる中で、卒業を待たずに仕事のオファーが、しかも外国からもらえる、そういう評価をされる、ということは本当にうれしいし、期待に沿えるかどうかわからないけれど、リンカーン大学というある意味農業大学でやってきたという事実に恥じないくらいは役に立てれば、と思っています。

留学して7年半、あきらめずにやってきて良かったってことです。農業にこだわってきた甲斐がありました。応援してくれたみんなありがとう。またこういうことは暇があれば書きたいけれど。


そんなわけで最近は、自分が行きたい場所にドライブしたり、友達とご飯を食べたり、そんなことで忙しくしています。今日も友達とランチに行きます。そして先週末はテカポ湖へ行って来ました。自分でも行きたかったんだけど、ちょうどタイミング良く「どっか連れてって」という人がいたので。

P1130749ed.JPG

相変わらず湖は水色の絵の具のような色をしていたし、小さな教会はいつもの場所にありました。

P1130758ed.JPG

それにルピナスも毎年この時期になるときれいに道路わきに咲きます。100キロで走ってくる車におびえながら撮影。ニュージーランドに居てほんとによかった。ここは僕のふるさとだね。


えぇと、たぶんまた暇を見てこちらに在住中に更新すると思うし、引越し後にまた親しい人にはメールすると思いますが、どこに行くのか知りたい人はメール(yocchiucchiホットメールドットコム)してくれれば教えます。
posted by Ucchy at 05:34| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

しあわせもの

昨日はすばらしい結婚式にまた参加させていただいた。ほんとにありがたい。小さな結婚式だったけれど愛にあふれていた。

ニュージーランドに長く住むと、日本の友達は残念ながら減っていく。当然と言えば当然なんだけど、ちょっと寂しいと思うこともある。だけど、海外に出て八年近く経って、今でも日本から応援してくれている人たちは本当の友達だ。

昨日結婚した友達も、そうやってずっと僕を応援してくれてきた一人なのでうれしかった。日本に帰るたびに忙しい中、会ってくれていたしね。ほんとにラッキーだったよ。ここに住んでいてよかった。新郎新婦のご両親も幸せそうでした。

いろいろ書きたいことはあるんだけど、ちょっと疲れているのと、なんていうか、二週間連続で結婚式にフルに参加して司会までしたので胸がいっぱいで言葉が出ません。笑 

P1130700ed.JPG
posted by Ucchy at 04:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

Another wedding

お久しぶりです。

やっと夏っぽいかな、という日差しも見られるようになってきました。今年は夏が来ないかな、と思った日もあったくらいだったのでうれしいです。

昨日、日本から高校の同級生と、その旦那様と、家族が来られて、打ち合わせをちょっとだけして、そして今日が結婚式。ちょっと風が吹いているけれど、天気は最高です。彼女が夏を運んできてくれたんだろうか。

それにしても、高校の友達とクライストチャーチのホテルのロビーで会うのは不思議だ。ここは地球の反対側なのに。メイクの打ち合わせがある、ということですっぴんで現れた彼女を見て高校時代を急に思い出す。笑 僕達は高校時代2年間クラスが同じで、その後も帰国の際にはちょくちょく会っていたんだけど、年を重ねるごとにいい友達になっているような気がする。彼女は僕には考えられないような苦労をいろいろしているんだけれど、素直でそして笑顔がとてもかわいい。笑

旦那さんと会うのも二回目だったけれど、相変わらずイケメンだ。すらっと背が高くて憧れてしまう。

また幸せを分けてもらいに行ってきます。
posted by Ucchy at 08:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

Wedding

結婚式行って来ました。小さな結婚式だったけど、小さい結婚式に呼ばれるとうれしいよね。あ、この人にいい友達って思われているんだな、ってうれしくなります。僕は新婦さんの方と友達なんだけど、大学一年のころからの付き合いなので、七年くらいになります。

年上で、美人なのに、ほんとにおっちょこちょいでどうしようもないやつですが、頭は良くて、たまにびっくりするようないい成績を取っていたことを思い出します。一緒に旅行したりしたこともあるので(別に恋人だったわけじゃないよ!)僕のニュージーランドでの楽しい思い出を作ってくれた人の一人です。

幸せを分けてもらえる、というのはいいことです。

いつも結婚式に行くと思うけど、新婦は輝くのに、新郎はいつもと一緒だよね。笑 そう思うのは僕だけだろうか。僕は新郎のこともよく知っているんだけど、彼はほんとに正装が似合わないねぇ。笑

二人とも日本語がわからないので、言いたい放題ですが、ほんとにいい結婚式だったよ。きっといい夫婦になると思う。

今年はほんとに幾つもの結婚式に誘われて、そのたびに「ヨシの結婚式ではいろいろ手伝うから」とお礼を言われる。うーんそれはいつになることやら。来週もう一つ結婚式があります。楽しみ!!

P1130627ed.JPG
「指輪のダイヤがちいせえ!」と彼女はわめいていて、彼はそんな彼女を優しく眺めていました。笑 俺だったらキレるよ。心の広い新郎です。
posted by Ucchy at 03:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

なかなか難しい

今日はあったかくていい天気なので写真を撮ってきた。

P1130571.JPG
春に撮った桜が実をつけています。小さなさくらんぼ。食べられそうだけど、おいしくないかな。

P1130573.JPG
この花なんだろ。

P1130575.JPG
これもわかんないけどきれいな花。日陰にこっそりと咲いていました。

本当は、花に集まる鳥を撮りたかったんだよね。朝になるとうるさいくらい鳥の鳴き声がする。ツバメもいるし、メジロみたいなのもいるし、もちろんスズメやハトもいるけど。きれいな色をした鳥が、上の写真の花や実を食べに来ているようなんで、だいぶねばったんだけど、やっぱり近づくと鳥達は逃げてしまいます。

動物を撮る写真家はすごいね。

「こんなことをしていて、この人論文書くやる気がないんじゃないか」と思った人、正解です。今日はやる気ないわほんと。また学術論文拒否られたし。僕は論文を書きながら、その論文をベースにした三つのペーパー(出版するやつね)を同時進行で書いているんだけど、最近の温暖化研究系のジャーナルは競争が激しいみたい。まあ今の温暖化の注目度を考えると当たり前だけどね。

それで、やっぱりインパクトの高いジャーナルほど競争が激しいので、その分「この研究、出版するほどじゃないっす」って言われることが多いわけ。そうするとやっぱり凹むでしょ。

先生達も凹んでました。

まあまた書き直しますよ。そういう世界ですからね。わかってます。


あともう一つやる気のない理由があって、なんか知らないがこの大学は夏にいろいろ工事をやるんだけど、今、隣の部屋の壁に穴をあける工事をやっています。ここ二日くらいやってんだけど、、、非常にうるさい。あの道路工事のほら、ガガガガって穴あけたりする機械あるでしょ。あれが常に耳元で鳴っている感じ。うるさいったらありゃしない。

イライラしても仕方ないけれどね。はぁービーチでも行って泳いだりアイス食べたりしたいわー。w
posted by Ucchy at 06:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

温暖化問題

今日は真面目なネタだよ。

気になるニュースがあったので。地球温暖化関係のレポートでデータ改ざんが行われたというニュースが最近大きく取り上げられています。

ソース(BBCから):
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/8394483.stm

この話は前からいろいろあったんだけど、日本のニュースでもさっき出てたし、信憑性も高まってきたのかもしれない。簡単に言うと、「地球温暖化が起こってるからあぶないよー」っていうレポートを作るグループ(IPCC)があるんだけど、そのレポートを作っている教授の一人が地球温暖化が「さぞ起こっているかのように見えるように」データを間違った方法で分析しなさい、と他の科学者に言っているメールが流出してしまったわけ。

もしこれが本当なら結構大変なことだ。

IPCCが一番最近大きなレポートを出したのは2007年で、僕はこのレポートを当然読んだわけだけど、この教授(Philip D. Jones)はレポートの第三章を書いたLeading authorなんだよ。第三章は、今までの気候の変化をまとめている章なので、こいつが間違っていると残りすべての章が間違っているわけで、事の重大さは半端なく大きい。

温暖化、温暖化、と騒いでいるけれど、過去100年で地球の表面温度は0.74度しか上がっていない。これを過去100年のデータから計算したのがJones教授だ、と言ってもいいと思う。ただ、過去100年の膨大な量の気温データから、「0.74」という一つの数値を出すのは簡単ではない。もちろんエラーがついているんだけどね(ちなみにエラーは±0.18度)。

例えば、気温を測る機械の変化だとか(100年もあれば技術が進歩するから)、火山の噴火とかで起こった気温変化だとか、気温を測った場所が都市化したために起こった気温変化だとか、そういうものはすべて地球規模の表面温度変化に影響が及ばないように「想定」されて気候データは分析されている。ただ当たり前だけど、100年前に戻って今の方法で気温を測ることは出来ないので、そこは「仮定」するしかない。

今回のニュースはこの「想定」とか「仮定」が行われたときに、温暖化が「起こっているように見えるように」わざといろいろなことが行われたのではないか、と言っている。

この問題については徹底的に調べる、とIPCCも言っているし、それにこのニュースが出たタイミング(京都議定書後を話しあうコペンハーゲンでのミーティングの直前)もちょっと合いすぎているし、まだまだわからないけれど。

土壌学者としてはっきりいえるのは、0.74度でも土壌や植物にとっては大きな変化だ、ということ。だけど、この数字が間違っていたら僕達だってやってられないし、大きな問題であることは間違いない。


posted by Ucchy at 14:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

まあゆっくりでもいいじゃんね。

論文なんですが、最近はだいぶ焦らずやっています。出来ることはやるけれど、焦って質を下げるようなことはしない。先生にもそう言ってあります。理解のある先生達で何より。

もちろん相変わらず週末も夜も書いているけれど、最近はだから少しリラックスするようになりました。昨日は友達に呼ばれて手巻き寿司を食べさせてもらってカラオケに行った。

また初めて会う人がいた。初めて会う人ってここのところずっといなかったんだけれど、最近よく人を紹介される。別に彼女がいないから、とかそういう理由ではないだろうけど、(実はそういうので面白がって人を紹介してくれる悪友もいるが)新しい人に会うのはなかなか楽しい。

こんな話をするのは恥ずかしいけれど、やっぱり僕だって男だから「もてたい」と思うわけであって、でも見た目でもてるタイプでもないので一生懸命しゃべって話上手になろうってがんばった時期があった。そんな経験が今になって司会とかをやる上で役立っているんだけど、それと同時になぜか僕は「話を聞いてほしい」っていう気持ちも強くなってしまい、話を聞いてくれる人がいると一生懸命しゃべってしまいます。

でもなんていうか、ニュージーランドに8年近くいてもやっぱり「話を聞いてほしい」というのは「日本語で」話を聞いてほしいんであって、英語だとまたちょっと違うんだよ。

そんなわけで初対面の人が日本人で、わりと話を聞いてくれそうな人だったりすると余計にしゃべってしまいます。相手の話も聞かなきゃ!って度々思うけど。
posted by Ucchy at 06:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

もうすぐ。

うわぁ師走だよ師走。ここのところ半年くらい、朝から晩まで、、、というか夜中まで、、、書いて書いて書いてきて、疲れて体調を崩した時期もあったりまだちょっと本調子じゃなかったりするけれど、もう12月です。

目標通り、今日論文の下書きを完成させて、先生達にメールで送った。

139ページ。

これでも長すぎるらしい。最近の博士論文はコンパクトにまとめないといけないみたい。昔の論文はもっと何百ページもあるのに。これ以上短くするのはなかなか大変だよ。

どんなフィードバックが帰ってくるのか不安だけど、時間もないしできることは限られているし、なるようにしかならんだろ。

前も書いたけれど、僕はほんとに小さな小さな頃から科学者(農学者)になりたかった。得意な科目は常に化学や生物(小学生は理科か)だったし、虫を見ると捕まえて図鑑を見て名前を覚えたりしたし、庭で野菜なんかを育てていたのも小学生のころからだ。

最近つらいときはそういうことを思い出す。少年時代のかわいくて純粋だった頃(w)のうっちーの夢をここで途絶えさせてはいけないって。高校時代の純粋ではなくなりかけてた頃も、飢餓や貧困問題に興味を持って、大規模農業を研究すれば自分でも何かできるんじゃないかって本気で思ってた(もちろん今も思っているけど)。

今は当たり前だけど夢と同時に現実を見るようになってきた。科学者の世界も優秀な人とそうでない人がはっきりいることを知ったし、金がすべてじゃない、、、とは言い切れない世界だってこともわかった。だけど、26歳になって「正しいことをしたい」って強く思うようになった。適当に生きたくない、自分だけのために生きたくない、周りの人に元気を与える生き方をしたいって思うようになった。

まだまだそういう理想からは遠いんだけど、これからそうなるためにどうすればいいのか考えていきたい。
posted by Ucchy at 18:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

初対面

初対面の人が苦手、という人が多いようだけど、僕はどちらかというと大丈夫な方だ。ただ、考えてみると初対面でも相手は間接的に僕を知っている場合が多い。例えば友達の友達とかだとそうでしょ。

そういう場合は初対面が苦手になる。だって初対面の相手は僕に対してなんらかの印象を持っているわけで、それはその人を紹介してくれる友達次第なわけだ。そうすると、「こいつは俺のことをなんて言ったんだろう」と深く考えてしまい、初対面でやや緊張してしまう、という現象が起こる。

なるべく人の印象というものは人に聞いてではなく自分で見て聞いて作ってもらいたいよね。


昨日友達の家に呼ばれて、その家に日本人のホームステイが二人居て初めて会ったんだけどそんなことを思った。大抵(もちろん例外もあって例外が友情に繋がった場合もたくさんあるけれど)、僕と初めて会った人は「何この人?」という反応をする。あと僕は初対面で人を笑わそうと思っていないし、むしろ「面白い人と思われたい」とか思っているわけでもないのに、僕の真面目な話に大笑いする人が多い。

昨日もそんな感じで、僕は僕なりにちゃんと聞きながら話すようにしたんだけど、、、なんか僕が話すたびにその日本人ホームステイが笑ってしまうのでなんだか結局、、、まあ別にこんなもんでいいのかもしれないけれど。

ただ、初対面でどれだけ打ち解けてもらえるか、というのは僕は結構今まで努力してきたので、一緒にご飯食べてなんだか緊張したまま終わるよりは、大笑いしてもらったほうがいいんでしょう。

僕は何の真面目な話をしたか、っていうと「男らしい告白の仕方について」なんだけどね。それがなんだか日本人の子達のツボにはまったらしい。おかしいなぁ。僕はほんとに真面目に話してるんだよ。

でもなんか絶対しゃべりすぎたな俺。いつも初対面の人がいて笑ってもらえると調子に乗ってしまう。悪い癖だ。
posted by Ucchy at 13:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

too much

おはようございます。

最近ブログがただ疲れたとか忙しいとかそういう愚痴になっているのでよろしくないなぁと思っているんだけど今日も愚痴るよ。w あと三週間なんだけど、論文書き以外に、

結婚式X2(一つは結婚の証人、一つは披露宴の司会)
バイトの引継ぎ(マネージャなんだけど来月辞める)
毎年やってる通訳の仕事を引き継いでくれる人探し
来年こっちに来るという人の世話

等々思いつくだけでこんなにやんなきゃいけません。やんなくてもいいんだけど、、、やっています。完璧にやりすぎなんですが仕方ないです。僕はもっとずっと若いころからほんとに朝から晩まで何かしら頼まれたり自分でやんなきゃいけないことがあったり、忙しくしていることが多く、親や友達はあきれていたんだけど、今もそれは変わらないようです。

そんな生活をしているんだけど、昨日友達が詩集を送ってくれた。彼女は同じ作家の違う詩集を前も送ってくれて、ずいぶん気に入っていたのでほんとに感謝しています。「忙しい中、一息つくときにでもペラペラめくってください。」とのこと。うれしい(泣)。彼女は詩集や本をよく送ってくれるんだけど、大抵自分の好きな詩や文章の書いてあるページにしおりとかカードが挟んである。今回もそうだったんだけど、いつもそのいいセンスにちょっとぐっときます。

持つべきものはいい友です。

僕は大抵の場合非常に単純なので、こういう風に応援されると普通の何倍もやる気が出ます。でもたまにやっぱりひねくれた性格が顔を出すことがあって「どうせ俺の大変さなんて俺以外にはわからないんだ。」とすねてしまうことがあるんですが、この人は僕にそういうことを絶対思わせないすばらしい人です。ありがと。
posted by Ucchy at 04:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

ふたつの心

恋愛ネタじゃないよ。w

あーなんか疲労気味です。せっかく週末休んだのに。やることが多すぎる。あと三週間で完璧には終わると思えない。正直ね。ただ、三週間の中で出来るだけのことをやることが出来ればそれはそれで、、、なんていうか言っていることが矛盾しているけど、、、完璧なんだと思う。

そういうつもりでやっています。

ていうかそうじゃないとやってらんねぇよ!!!(暴言)

なんでふたつの心、というタイトルにしたかというと、僕にはメインで二人の指導教官がいて何度も書いたけれど、二人の指導スタイルがぜんぜん違うわけ。それで僕はどちらかというとそのうちの一人によく頼っているんだけど(彼じゃない方は大学外の人だし)最近になってもう一人の方が、「論文を見せて」とかいろいろ言ってきて大変。

今まで何度も二つの全く違う意見に挟まれて大変だったので、僕はここ三年でいろいろ学んで、僕なりのスタイルで二人の指導を受けるようにしているんだけど、、、これから三週間は大変そうだ、、、。

本当に優先するべきこと(例えばクリスチャンの活動とか)を全然最近優先出来てないのは正直悲しいんだけど、今はこの圧し掛かるプレッシャーに耐えつつ大学にこもることしか出来ない、、、と思ってしまっているわけです。

とりあえず完成した論文すべての下書きを12月2日に先生に渡す。それが今の目標です。先生のコメントで真っ赤になった60ページほどの論文の一セクションが目の前に積んであります。

たぶん眉間にしわを寄せながらそれを見ている僕の顔も同じくらい真っ赤な気がします。なんか熱っぽい。
posted by Ucchy at 15:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

週末は休み

今週末はちょっと休んでいます。こうやってムリヤリ休まないと休めない体質なので、そういう風に自分に言い聞かせています。「今週末は休むよ」ってね。

ただ、これからやらなきゃいけないことは、論文の量を増やすというよりは質を高めていくことなので、毎日遅くまで重い頭で仕事するよりは、休みながら短い時間で集中してやったほうがいい。それに、いくら質を高めると言っても、実験でやったことと結果は同じだから限界がある。取ってないデータは今になって取り直すことは出来ないでしょ。その辺はあきらめるしかない。

そんなわけで昨日は家にずっと居た。ゴロゴロしてればいいのに、そんな性格でもないので、ひどい状態の庭の芝を刈る。結構伸びていたので、刈ったあとが汚すぎて僕の完璧主義の性格がまたのんびり土曜日を邪魔するんだが、、、。

P1130563b.JPG

まあまた来週末でもやろ。汗びっしょりだよ。これはうちの裏側なんだけど、うちで紅一点のサリーナちゃんがバラを育てているのでちょっと素敵です。芝を刈ったら腹が減ったので、「俺は芝を刈るからお前はトイレを掃除しろ!」と言ってトイレ掃除をさせておいた香港トムと「昼食兼夕食午後四時バーベキュー」を企画する。

何にもしてなかった男達がそうすると集まってきて、みんなでまたご飯。まあ肉焼いてくれたからいいけどさ。

P1130569b.JPG

バーベキューなんて一人いれば焼けるのになぜかみんな集まってしまうし、僕が買った12缶のビールの箱もなぜかどんどん無くなっていく。最近はこういう生活です。男が5人いて彼女無し率が60%。みんないい男なんだけどねぇ。www

P1130566b.JPG

でも新しい家に引っ越してよかった。いろいろ面倒なこともあるけれど、みんなで一緒に何かするってのは精神にいいんだと思う。海外にいてもいなくても僕はなんていうか、結局一人というか、俺は無人島でもやっていける!みたいな変な意地があって(かなり変だな)なかなか正直に寂しいとかホームシックだとか、そういうことを感じても人に伝えられないんだけれども、、、でも結局自分の面倒を見るっていうことは人の助けを借りることに繋がるんだもんな、と納得せざるを得ない。
posted by Ucchy at 04:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

そら

昨日の夜はしし座流星群が見られる、ということで、南半球じゃあまり見えないという噂を聞き流しつつ一人で朝3時ごろ真っ暗な農場の間を走る道まで運転していって星を見る。

朝3時に星を見るっていうそれだけでいいじゃん、流れ星見えなくても、って思って行ったんだけど、やっぱり流れ星見えないと寂しいね。w

ちょうどしし座のところに(たぶん僕はしし座の方向を眺めていたと思うんだけど)雲がかかってしまってそこだけ星が見られなかった。南十字星とか、この時期よく見えるオリオンなんかははっきりと見えたのに、、、。

でも星を見るとなんだか心が落ち着くような気がします。南十字星を始めて見たときは感動したけれど、今は空に南十字星がないと落ち着かないくらい。僕の住む田舎では、空が澄んでいると天の川がきれいに見られる。こういうことってほんとラッキーだと思う。大事にしないとね。

東京に住んでいたころは、空を見上げてこれは何座だろうなんて考えたりもしなかったから。もちろん星が見えないしね。

焦っちゃだめだよね、、、。3時に星を見て、またぐっすり寝て、ゆっくり起きて今日は論文を書いていました。今8時ですが、頭がやっぱり重い。w もう少しやって家に帰ります。
posted by Ucchy at 15:39| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

ドライブ

昨日で一つ二つやらんきゃいけなかったことが終わったので、少しリラックス。日本の友達に電話したり、そのあと「一緒に遊びたい」ってこっちの別の友達から電話があったりしたので、午後からは勉強以外のことをする。

新しい家はなんかわいわいみんなで夕食を食べることが多いらしく、そういうことが前の家では滅多になかったから(結構それぞれだったから)うれしい。「その最後のやつ俺が食べようと思ってたのに!」とか「早いもん勝ちだから!」とか、そういう会話が素敵。新しい家は、日本人二人、香港一人(NZ人だけど)、アメリカ人一人、マレーシア二人(カップル)みたいな感じかな。もう一人の日本人はこっちで育った人なので、僕達はお互いのことを三年くらい知っているけれど、日本語でしゃべったことは一度もない。

僕は話をするのが何よりも好きなので、英語でも日本語でも、しゃべる、ということは大切だ。昨日電話した友達とも、まあ基本的にはどうでもいいことをしゃべっているわけだけど(例えばどっちがもてるかとか、どういう人と結婚すればいいのかとか)そういう話は何よりも気分解消になる。

夜会った別の友達は、会ってみるとなんかちょっとホームシックだったようで元気がなかったので、焼肉を食べに行って、一杯飲んで、そのあとビーチと夜景を見にドライブする。「ニュージーランドだってそんな悪くないでしょう?」と言ったけれど、ちょっとは元気になっただろうか、、、。誰だって寂しいときはある。そういうときはおいしいもの食べてね、思ったことを話せる人と会うのが一番。

「忙しいのにごめんね」といわれたけど、友達<勉強になってしまったら僕は人として間違っていると思う。そりゃ忙しいけど、優先順位ってもんがある。今日はオーストラリアから来てる友達に会うし、来月は日本から来る友達の結婚式もあるし、そういうことがおっくうになったり、そういうことを「勉強が忙しいから、、、」って断ったりするようになったら、僕は自分の生活を本気で見直さなきゃいけない。そんな風になるんだったら、僕は、、、うーん難しいけど、、、もしかしたら科学の世界にいる意味もないのかもしれない。こんなに言い切ってしまったらちょっと怖いけど、、、かもしれないと思う、くらいにしておこうかな。
posted by Ucchy at 04:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

一人では出来ない。

引っ越しました! 無事に新しい家で寝てます。なぜかよく寝れます。なんか部屋によってやっぱ相性みたいなのってあるのかな。前の家では夜中によく目が覚めてて、しかもその家はベッドの上に本棚がせり出している変な作りになっていたので、頭をぶつけてダブルで目が覚めたりよくしていたので、今の家はほんとにいい。

この前も登場した香港トムが一応この家のしきりということになっているらしいが、非常に頼りない。とりあえず家賃が週45ドルという破格の安さなので、多少の不便は我慢できるが、今のところ不便どころか香港トムが今日も一日勉強の僕のためにご飯を作ってくれているし、いいことづくしだ。

庭が広いんだけど、たぶん誰も面倒を見ていないから、暇を見て何か植えたり出来ればと思ってる。葱とか青梗菜とか、ラディッシュとか早く育つやつね。一応農学部ですからね。香港トムもそういえば農学部の後輩だけど。

数えてみたんだけど、僕は人生で3つの国、11の街に住んでいる。一つの街で引越しもしているから、たぶん引越しは15回くらいしている。だけど引越しはほんとに苦手で、いつもシャキシャキと荷物を詰めたり運んだり出来る友達と一緒にやらないと一生終わらない。しかも今回は捨てたい写真とかが結構あったもんだから(泣)友達がいないと無理だった。

しかも忙しいからね。手伝ってくれた後輩ありがとー。

ほんとに俺は大して友達に良くしてないのにこういうときはちゃんと友達が良くしてくれて泣けるよ、、、。

暇があったら新しい家の写真を撮るからね。明日またある会議で発表しないといけん。論文やんないといけないのに、、、。
posted by Ucchy at 15:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

農業祭

昨日はもう疲れきったんで、今日は行きたかった農業祭に行くことにした。2002年に来たときから毎年大体行っていて、そして毎年おんなじなんだけど、毎回動物達に癒されます。このイベントはたぶん、クライストチャーチで一番大きなイベントじゃないかな。最終日の明日は休日になるくらいだから。

農業祭は、もちろん街に住んで日頃動物達を見ない人のためのイベントでもあるわけだけど、田舎に住む人達にとっては自分の動物や自分の農場で取れたものがどれだけ評価されるかがわかる大切な行事です。農家は自分達の動物を連れてきて、それを日本で言う農協みたいなところの人たちが審判して、種類ごとに順位を決めたりする。それに羊の毛刈り師達や、木こり達の大会もある。

僕は農場で働いていた時代は、毛刈りの審判をするボスの手伝いをこのイベントでしていたので、なんだか今はすっかり都会人になってしまったなぁと切なくなりました。農場にいたころは僕の指なんていくら洗っても汚かったし、切り傷がいっぱいあったし、特に手首から肘までの筋肉がすごい発達していた(羊を引きずったりするから)。今では僕の手は細かい作業ばかりしているし、もちろん一番多いのはこうやってタイピングをすることだから、なんだか頼りない手になってしまった。

つらかったけど(たぶん羊農場時代が人生でいちばんつらい)今思えば、毛刈り師たちのタバコと汗と羊の油のにおいとか、仕事を終えた後につるつるになった羊達を見ながら飲むビールの味だとか、そういうことが少し懐かしい。僕は農家に比べればほんとにへたれで弱虫だったから、全然役に立ってなかったんだけど、何度も僕のボスは切れながら(w)いろいろ教えてくれた。

Woolcomp.JPG
ウールの大会。ダンディなおじさんも撮ってみた。彼は審判だろうか。ウールは毛の長さ、太さ、白さとかそういうもので評価される。高級なセーターになるようなウールはちょっとびっくりするような値段で取引される。

Lambandbaby.JPG
都会育ちの子供は一年に一度だけでもこうやって動物に触れ合えるのが幸せそうです。僕は農学者として、子供には自分の食べている肉や魚、野菜がどういう風に作られているのかを教えることが非常に大事だと思っている。もちろんこの赤ん坊はそこまで考えていないだろうけど。

Sleepinghorse.JPG
子馬。周りがいくら騒いでも寝ている。生まれて二週間とのこと。

Shearing.JPG
毛刈りの大会。この大会で勝つと仕事がうんと増えたりするらしい。僕の羊農場時代のボスは、16年毛刈り師をやって農場を買うお金を貯めた、というニュージーランドではかなり有名な毛刈り師だ。
posted by Ucchy at 13:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんとか

昨日はまた首都へ飛んできました。なんで朝の飛行機がいつも6時45分なんだろ。眠いし早く着きすぎるじゃんねぇ。日帰り出張はいつも疲れます。

昨日の会議は、土の研究者の会議じゃなくて、僕が土を分析するのに使う安定同位体ってのを使ってる人達の集まりだったので、例えば魚の研究者もいたし、気候関係の人とか、川の流れみたいのを研究してる人もいた。みんな安定同位体を使って、地球の物質循環を研究している。

安定同位体っていうのは、物質循環の研究によく使われる。水の循環はよく知られているけれど、炭素も窒素も循環している。それから食物連鎖も安定同位体で調べられる。そんなわけでみんな全く違うことを研究しているのに、こうやって集まってみるとどこか繋がっている、という(なんかニュアンスが気持ち悪い)不思議な会議でした。

会議をやった場所はウェリントン郊外のGNSサイエンスという研究所だったんだけど、機械の数や質は僕達の大学に比べるともうすばらしくて言葉も出ないくらいで、リンカーンから来た田舎もんの科学者は僕を含めて3人いたんだけど、「すごいねーすごいねー」と言うばかりでした。w

どうでもいいんだけど、大学が借りてくれたレンタカーが新車のでっかいカムリだったのでうれしかった。車が多くてあんまりウェリントンじゃ飛ばせないけど。


自分の発表は、まあまあかな。なんとかやりました。質問もあったし、、、。あんまり準備する暇が今回なかったので緊張しました。僕のピアニストの友達が前言っていたんだけど、若手のピアニストはお金を払ってでもコンサートをしていかないといけないそうです。そのときはふーんって思って聞いていただけなんだけど、今思えば、若手の科学者も同じ。10分でも15分でも、チャンスがあればどんな会議でも発表したりポスターを出したりしていかなければいけない。そうすることによっていろんなコネクションが出来るし、一緒に何か仕事をするチャンスも生まれるかもしれないしね。

今はそういう時期です。
posted by Ucchy at 04:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

根本的

たまに、というか結構(w)、時間をかけて書いたものが先生の考えている書き方と根本的に違っていたりする。そういうときはもちろんやり直しなんだけど、こうやってあと一ヶ月で論文を終わらせよう!というときにそういう根本的間違いを指摘されると、がっかりするというか、逆に時間内に直せるかわかんなくてドキドキする。

今日もそういうことが起きた。w

「君さーこういう風に計算してるけど、こうやってこうしなきゃダメだよ」ってホワイトボードにぐちゃぐちゃーっと先生が落書きして部屋を出て行くんだけど、、、言うのは簡単だけどやるのは大変なのだよ先生。

まあなんとかなると思うけどさ、、、。

夕食後は勉強をやめようと思っていたのに、またちょっとやらなきゃなぁ。でも無理はしない!


話は変わるんですが、車をしっかり直しました。もうすぐこっちは夏なので、ドライブがしたいし、そもそもオイル漏れがひどく、オイルのせいでどこかのベルトが滑って焼ききれて、車のエラーランプが何個も点灯して大騒ぎ!ということが今まで二度もあったので、、、。

お金はかかったけど、これで安心です。僕は夜中に急に買い物がしたくなって24時間空いているスーパーに行ったりするちょっと危ない人なので、今後はそういうことも安心して出来るはずです。

夜のドライブってストレス解消になるよね。寒いけど夜景を見に行ったり、そういうことも一人でします、僕は。www


ほんとに最近忙しいんです正直。論文書きにだけ集中したいのに、明日は先生が忙しすぎて面倒を見きれない、というので僕が後輩の実験を見てあげることになっているし、明後日はなんかしらんが10分の発表をするためにわざわざ飛行機で飛ばされるし、次の日はバイトでしょ。来週も高校教師の会議で温暖化について話さないといけないし、、、そんなことやってたらクリスマス休みになっちゃうよ!!!!

ふぅ、ちょっとパニックになりそうになった。

とりあえず家に帰ってご飯食べます。
posted by Ucchy at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

元気?

僕は正直なので、ハワユーと聞かれてファインじゃなければファインと言わないんですが(w)、最近やっと元気になってきたので、そう言えるようになってきた。

今月、来月はほんとに忙しい。すでにカレンダーがいろんな予定で埋まっている。だから、元気になってくれないと困るところでした。

僕の元気っていうのは、例えば階段を駆け上ったときとか、大きなステーキを目の前にしたときの自分の気持ちとか、朝起きたときの快適さとか、そういうことで判断できる。元気じゃないと論文も書けないからねぇ。クリスマスまでに論文を出す、という目標は今もそのままです。きっと出来るはず。出来るはず。

最近、朝ジムに行っています。確かジムにちゃんと行きたい、と年始の日記に書いていたので、今ごろになってちゃんとやっています。まあやんないよりましでしょ。そういえばジムに体重計があるんだけど、確かに指摘があったとおり痩せていました。何年間か見たことがなかった数字ですよ。w 痩せたといってももともとガリではないので、今のままでもいいかなぁ。体が少し軽いかも。

最近撮った写真じゃないんだけど、変な写真が出てきたので貼ります。

元気なときはこういう感じなんだよ俺。

akaroa.jpg
posted by Ucchy at 09:32| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。