2009年11月05日

お手伝い

男友達がいないでしょ、とよく言われるんですが、普通にいます。w ただ、僕は女友達はあまり選ばないけれど、男友達はなぜか選んでしまう。酒やタバコの消費量がひどい男は嫌だし、勉強が出来ない男も嫌。女を軽く扱う男も嫌だし、頼りにならない男も嫌。

そうやって選ぶと、確かに男友達が少なくなってしまう。だけど何度も言うが別に男友達を作ろうとしていないわけではない。

なんの話をしようと思ったんだっけ、、、。そうそう、それで、僕の親友で通称「香港トム」というやつがいるんだけど(香港人とニュージーランド人のハーフだから)、そいつも博士課程をやっていて、ほんとに忙しい顔をしていたので、一日彼の実験を手伝うことにした。僕も忙しいんだけど、こういうときの親友でしょ?

彼は、僕と違って、大規模農場のクローバーを研究している。葉の小さい、野生に限りなく近いクローバーだ。春、夏は植物がよく育つので、彼は朝から晩まで水をやったり、アブラムシを取ったりしている。昨日は大規模な収穫をやる、というので、手伝ってきた。結局、夜7時くらいまでかかった。

彼は、なんていうか、今の時代に珍しい感じの人で、ギターでカントリーミュージックを弾くし、作業中はマオリの音楽をかけるし(しかもいまどき珍しいテープレコーダーで)、滅多に酔っ払ったりしない。そして恋をするときには、常に本気で、失恋すると大きな体を丸めて泣いたりする。なかなか味のあるやつなのだ。

カレーをおごるから、と言って、隣町から夕食にカレーを買ってきてくれた。手伝った甲斐があったよ。w 彼とは農学部の1年のときから7年来の付き合いだ。そういう友人は特に一人で海外に来た僕にとって、ほんとに大切。

ほんとに困ったときに本当の友達ってわかるんじゃないかな。
posted by Ucchy at 04:29| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も一緒です。
女友達は選ばないけれど、男友達は選ぶ。

あ〜学期末です・・・・。
Posted by えみ at 2009年11月05日 15:24
あ、女性の方から同意されるとうれしいですね。男はやっぱしっかりしてないとダメですよね。

学期末、、、時の経つのは早いですよねぇ。僕も博士を始めたのがついこの間な気がします。もうクリスマスソングがラジオから聞こえるころですもんね。Examとかあるんですか??
Posted by Yoshi at 2009年11月05日 17:31
まだ院の二学期目なので、授業もあればテストもペーパーだってあるんですよ〜。(自慢げ?笑。)でもたくさんやることがあると、返って落ち着いてきちゃう自分です。「あ〜結局全部仕上げて学期終わらせてるんだろうな〜。ほけー」と考えています。焦らないとダメだな〜。と思うけれど・・・。
Posted by えみ at 2009年11月06日 12:08
そうなんですか! 博士課程のシステムは国によってだいぶ違いますからね。そちらは大変そうですね。焦らないっていうのは大物っぽくていいじゃないですか! すばらしい。

僕はでも今になって思えば、テストや宿題があったころが懐かしいです。だって何をやればいいかはっきりわかりましたから。自分の実験と論文だけになると、何をすればいいのかがわからない、誰も助けてくれない、と、悲観的になりそうです。でもそれにも慣れますけど、、、。w
Posted by Yoshi at 2009年11月06日 15:47
きっと隣の芝生を手入れするのは余計に大変に思えるだけですよ。
そちらもこちらも違う大変さがあるに違いないと思います。

時間が迫ってくる感覚と暮らす人生ですね。
クリスマスまでの勝負、うまくいくといいですね:)

お互いリラックスしましょ。
(http://www.youtube.com/watch?v=xNLe-7nCE3M
Posted by えみ at 2009年11月11日 02:57
そうですねぇリラックスですねぇ。そういう言葉を忘れていました。

ウクレレ!!www イントロで吹きましたけどなんだかほのぼのしてますね。なんとかまあやっていますよ。なかなか思ったようなスピードで進まないですけどね。
Posted by Yoshi at 2009年11月12日 03:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。