2009年10月15日

おくりびと

最近、映画みてないなぁ、と思ったので、新聞の映画紹介欄を見ていたら、小さな映画館で日本の映画「おくりびと」がやっていたので見に行ってきた。(www.okuribito.jp)

この映画にはチェロが出てくるので見たいなぁって思っていたんだけど、まさかニュージーランドで見れると思ってなかったので良かった。オーケストラのチェリストだった人が、職を失ってしまい実家に帰って、納棺師(死んだ人を棺に納める人)になる話なんだけど、なかなか奥が深くていい話。

でもこっちの人、遺体を燃やしてしまうこととか、あとお焼香とか、そういう部分をわかってみてるのかなぁって不思議に思ったけどね。

チェロの音楽も良かったけど、何より良かったのは広末さんの良妻っぷり。僕は「マジで恋する5秒前」のころから広末涼子さん大好きで(笑)もーなんていうか、最近は大人な香りがするし(確か僕の三つ上)、ほんとに素敵でした。

僕は自分で言うのもあれだけど、ほんとに面倒な男なので、周りの人とか、特にお付き合いしているときはその相手に迷惑をかけてしまうことが多々ある。なんていうか、簡単に言うとなんでも深く考えすぎてしまうんだと思う。考えなくてもいいことでもね。それなのに勉強とかは要領よくやるんだけど、、、。この映画の主人公も、チェリストとして失敗して、自己嫌悪みたいなものに陥っているときに、ちゃんと奥さんがサポートしていて、うらやましかった。

自分に自信がなくなったときに、なんていうか、自分では思いもしなかったようないいことを言ってくれる人がたまにいて、そういうときは泣けてくるくらいうれしいね。
posted by Ucchy at 04:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。