2009年05月06日

雨の季節

学術論文のマニュスクリプト(日本語でもマニュスクリプトでいいのか??)を書いて、直して、ミーティングして、それでまた直して書いて、ということをもう二ヶ月くらいやっていていい加減ちょっと精神的にダメージが。w

明らかに質はよくなったので、もう少しだと思います。

冬のニュージーランド(特に南島)は、雨だったり風だったり寒かったりなので、精神的にはよくないと思う。若者の自殺率が世界トップレベルなのもこういうことに関係しているんじゃないだろうか。

昨日仕事の山を一つまた超えたので、今日は寝坊して、さらに家でぐだぐだしていて今(10時)やっと学校に来てとりあえずブログを書いています。なんというニート。

写真をもっと載せてください、という要望に答えて、うちの玄関から見える景色(大雨)を載せます。なんか期待に沿えてないような気もするが、、、。はいはいやっつけですけど何か。

P1120939.JPG


話は変わるけれど、お友達が妊娠したみたいです。ハロウィーンに全身牛の着ぐるみで学校に来るような、ちょいアホな人気者だったあの子が妊婦かぁ、と時代の流れを感じていました。女の人は赤ちゃんが出来るとぐっと大人になるので、いつまでも大人になれない俺はうらやましい。

大人にならないと博士になれない、という決まりがあったなら僕は一生博士になれないと思います。

posted by Ucchy at 07:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
12時間以上雨が降ったもんで、今朝運転中Roundaboutが洪水になっててちょっと焦りました。NZの冬ってこんなのが続くの?えーいやだなぁ。

ちなみに、博士とっても大人じゃない人たくさんいるよ。
多分自分も・・・(+_+)
Posted by Tak at 2009年05月06日 12:43
仕事場へは歩いて行くに限りますTakさん。冬は基本こうですよ。もっと寒くってもっとミゾレチックな感じですよ。w

僕は明らかに大人になるまでまだかなり時間がかかりそうなんで、Takさんの言葉を聞いて励まされます。
Posted by Yoshi at 2009年05月06日 15:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。