2009年05月27日

地球温暖化は本当か?

最近、というかここ数年、地球温暖化懐疑論を提唱する学者さんが日本で増えている。この間、渡辺正教授(確か東大)が出てらっしゃるニュース番組を見たのだけれど、彼の理論はなかなか考えさせられる。

大抵、地球温暖化懐疑論を語る人は、リサイクルはやめろーとかわーわー言うだけで大しておもしろくもなんともないんだけれど、彼は光合成の研究者できちんと研究室ではそういうことをやっていらっしゃるので、なかなか突っ込みどころがないのだ。

簡単に言うと、彼が言うには、二酸化炭素が増えて植物が早く育つ(これはまぎれもない事実)方が、飢餓問題や貧困問題を抱える地球にとってもっといいのではないか、ということなのだ。最悪のシナリオで、この先100年で4℃上がる、といわれている地球の平均気温なんだけれど(IPCCのレポートによると)、つまり一年で0.04℃というわけで、そんくらいいいじゃん! と彼は勢いよくニュース番組で言っちゃっている。

どうでもいいがこのニュースキャスターの質問があまりにも幼稚で、せっかくの彼の理論展開が台無しになる場面が度々あってほんとにいらいらした。せめて少し勉強してくればあんな質問しないだろ、というようなことを平気で聞くアナウンサー。ジャーナリストかな。

仕事柄というか仕事そのままなんだけど、よくいろいろな人に「地球温暖化は本当に起こっているの?」と聞かれるんだけれど、僕はいろいろな意見を聞いた結果、「ようわからん」と答えることにしている。笑

ただ、僕の研究分野は「気温の変化」なので、例えば朝寒くて午後から暖かくなってもそれは気温の変化だし、温暖化が起こっているかどうか、ということは僕の研究にとってはそれほど重要ではないと思う。(という逃げの姿勢)

でも一つだけ言えることは、地球の気候や二酸化炭素濃度が変化したとして(仮にね)そのときに迅速に対応できるように世界農業体制を整えておく、というのは大切なことだし、今すぐにでもやらなければいけないことだと思う。そういうことを僕はやっているんです。

渡辺教授は本も出しているのでちらっと見てみるとおもしろいですよ。
posted by Ucchy at 10:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

同窓会に行けない話。

高校時代の友人からメールが来て、彼女が結婚したときにワインを送ったんだけれど、「もう結婚二年目なのよ。」とのことだった。旦那が忙しくて帰りが遅いとか週末ものんびりできないとか、そんな中でも幸せだとか、うっちーも無理をしているんじゃないかとか、こういうメールはパソコンの前に向かいひたすら土や温暖化やどうがんばっても思うように計算してくれない統計ソフトのことを考えている僕に潤いを与えてくれる。

僕の毎日にはもっと「家庭的」なことが必要だ。

そんなメールのやりとりをしていたら、3月に行われた僕の高校の同窓会の写真がアップされている、という話になって、今日の午後、僕はその60枚くらいの写真を一枚一枚めくって思い出にふけっていた。

大体みんな25か26歳なんだろうけれど、20歳に見えるやつもいれば30歳の顔をしている人もいる。苦労してきたかそうでないかの違いなんだろうか。でもみんなやっぱり高校時代の笑顔になっていてうらやましい。行きたかったなぁ。

大学留学した人は結構多かったんだけれど、ほとんど日本で就職したようだ。ニューヨークやイギリスの大学に行っていたはずの人達の顔もちらほら写真に写っていた。この同窓会、数えてみたら60人くらいいて、かなりの出席率(25%くらい?)なので、ぜひ近いうちにやるなら顔を出したいなぁ。

そう言っててもう何度も同窓会に誘われて行けてないんだけど、、、そのうち誘われなくなるのが怖い。
posted by Ucchy at 15:37| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

Sushi cooking class

何か知らんが、この大学には福祉週間(Welfare Week)というようわからんものがあって、その一環として、料理教室をやってくれないか、と生徒会に頼まれてしまった。生徒会のデザイナーさんに、あるイベントのポスターをタダで作ってもらったことがあるので、嫌とは言えず引き受けることに。

でもさらに、僕は自分でやるのは面倒なので、この前ラグビーを見に行ったときに、すし屋でバイトをする友達にチケットを買ってあげて、その子に手伝ってもらうことにした。

なかなかすばらしい人間関係、というか恩の着せあい。笑

まあ10人くらいは来てくれるかな、と思ってそのつもりで準備をしていたんですが、ふたを開けてみれば30人くらいいて、大慌て。うれしいことに全員白人。アジアの料理は世界をつなげるね。いいこと言ったね俺。

そんなわけで僕はほぼトークをして(それが一番得意なので)、すし屋の子はデモンストレーションをする感じで、ご飯がやや足りなかったけれどかなり楽しいお料理教室になりました。それにしてもすごい散らかりようだったけれど。

巻き寿司を作ったんだけど、ご飯が飛び散って大変でした。

IMG_0252.JPG

この左のアジア人が有名シェフの俺ね。

IMG_0255.JPG

一生懸命作る生徒達。けっこうみんな子供みたいでかわいい。
posted by Ucchy at 06:26| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

Cocktail Club

僕は滅多に酔っ払わない。酔っ払っている人は嫌いだし(酔うと殺人的にかわいい女の子とかだったら別だけど)、もっと飲ませようとしてくる酔っ払いは特に嫌いだ。別に何か失敗したことがあるわけではないし、ビールも日本酒もワインも大好きなんだけど。ただ、日本に居た頃は飲める年じゃなかったから日本のことはわからないけれど、ニュージーランドに限って言えばこの国の人達(この国に住む日本人も含めて)の飲み方は一般的に下品で非常に汚い。別に自分に迷惑がかからなければ酔っ払って吐こうが女の子とトイレでやろうが何をしてもかまわないんだけどね、、、。

そんなわけでカクテルクラブに入ることにした。笑

気心の知れた、そして酔っ払っうが基本的に人には、というか僕には迷惑をかけない仲の良い友人が、一人では行きたくないというから行ってきたのだ。金曜日の夕方に、クラウンプラザ(www.crowneplaza.co.nz)という、たぶんこの街ではいいところのホテルのラウンジで開催される、ただの飲み会なんだけど、とにかくカクテルが安い。

先週はコスモポリタンの週だったようです。二杯ほど飲む。

134.jpg

そして朝日ビールも安かった。毎週安いドリンクが変わって、ちょっとしたフィンガーフードも出るし、うるさくない程度にどこかの紳士なおじさんがピアノを弾いているし、一週間がんばったわたくしへのご褒美にはぴったりでした。意外と気に入った。また行こう。

金曜はそのあと焼き鳥バーに行って、また飲んで、帰りは遠いのにリンカーンまで送ってもらってしまった。いい友達。
posted by Ucchy at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

ラグビーを見に。

僕は弱いので(笑)強い男達のスポーツを見るのが好きなんですが、この間ラグビー見に行ってきましたよ。ほんとにラグビーだけじゃなくて、たとえばボディービルダーの雑誌とかも見てしまいます。砲丸投げとかも意外と好き。

別に男が好きってわけじゃないんだけど、こっちに住むと男の人が大きいので(女性もでかいけれど)なんだか自分が男として見られる機会が断然少ないような気がします。悲しいかな。男は誰しも「ちょっとこのビンのふた固いから開けて」とか、そういうことを頼まれるのを期待しているものです。俺だけかな。

話がそれましたが、ラグビー。ニュージーランドで今の時期行われているのは、SUPER14というリーグ戦。ニュージーランドと南アフリカ、そしてオーストラリア混合で行われて、上位4位がプレイオフへ進むようになっています。地元のチームCrusadersが試合前は6位だったので、プレイオフへ向けてかなり気合の入った一戦でした。

見ている方は寒くて死にそうだったけれど、圧倒的な勝利だったので後味も良かった。

去年は確か優勝を逃したので、ぜひ今年こそはトロフィーを地元に持って帰ってきて欲しいです。

P1120949.JPG

P1120953.JPG

ニュージーランドにはおもしろいものがないって言う人もいっぱいいるけれど、どっちかっていうと、こういう日本にはないものを楽しんだらいいのにな、と思う。人生つまらん、って思うのは寂しいもんね。

今日もそういえばミーティングでした。先生達他に生徒もいるのにいいのかな俺ばっかとミーティングしていて、、、。また金曜にミーティングしようって言われちゃった。いいんだけどちょっと後輩達が勉強ちゃんとしてんのか心配です。インド人の後輩がいて、女たらしもいいとこで、いつも女連れて部屋でランチしたりなんだして、お前勉強しとるんかい!って言いたくなるんですよね。まあ人のこと言えるか、と言われると、全く言えないんですけれど。
posted by Ucchy at 18:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

チェロ

木曜日はオケ練なのですが、もうすぐコンサートなのになんだか休んでいる人が多くて心配です。今日なんかオーボエいないし(オーボエいないオケなんて舌のない人間のようなもん)ブラスが足りてないし、指揮者の第一声が、

Welcome to the chamber orchestra!

だったから。笑
僕はずっと弦楽部で弾いていたので、弦楽器だけでもいいんですけれど、、、。

チェロも、ちゃんと毎回来る人が減ったので、最近は真面目に練習しています。そうすると当然上手くなるわけで、ここ二回くらいは、一番前の列に座らせてもらっています。パート内で出世したよ。前に座るとすごいビオラが聞こえるね。うざい位に。笑 それにびっくり。

そんなわけで、僕のチェロ「キャサリン」の全身像を。笑 狭い部屋でこいつの存在感は半端じゃありません。ちなみにキャサリンって言うのは僕が勝手につけた名前ね。ちなみにって付け足さなくてもわかるだろうけれど。背景の部屋が汚いのは気のせいです。

P1120942.JPG

忙しければ忙しいほどオケの時間の大切さがわかります。楽譜と指揮者だけに集中する何時間かは、いろいろなことを忘れられます。頭をリセットする、というか、ちょっとした休憩なんだろうけれど。
posted by Ucchy at 20:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

雨の季節

学術論文のマニュスクリプト(日本語でもマニュスクリプトでいいのか??)を書いて、直して、ミーティングして、それでまた直して書いて、ということをもう二ヶ月くらいやっていていい加減ちょっと精神的にダメージが。w

明らかに質はよくなったので、もう少しだと思います。

冬のニュージーランド(特に南島)は、雨だったり風だったり寒かったりなので、精神的にはよくないと思う。若者の自殺率が世界トップレベルなのもこういうことに関係しているんじゃないだろうか。

昨日仕事の山を一つまた超えたので、今日は寝坊して、さらに家でぐだぐだしていて今(10時)やっと学校に来てとりあえずブログを書いています。なんというニート。

写真をもっと載せてください、という要望に答えて、うちの玄関から見える景色(大雨)を載せます。なんか期待に沿えてないような気もするが、、、。はいはいやっつけですけど何か。

P1120939.JPG


話は変わるけれど、お友達が妊娠したみたいです。ハロウィーンに全身牛の着ぐるみで学校に来るような、ちょいアホな人気者だったあの子が妊婦かぁ、と時代の流れを感じていました。女の人は赤ちゃんが出来るとぐっと大人になるので、いつまでも大人になれない俺はうらやましい。

大人にならないと博士になれない、という決まりがあったなら僕は一生博士になれないと思います。

posted by Ucchy at 07:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。