2009年04月30日

先生の字

今日もミーティングがあり、わりと褒められた方だったので(笑)ちょっとうれしいです。褒められるのはうれしい。でもこの今書いている実験を始めたのが一年以上前なので、早いとこ片付けてしまいたい(って何ヶ月も前からこう言っているんだけど)。

それにしても先生、僕の書いたドラフトにあーだこーだと書いて持ってきてくれるんだけど、非常に読みにくい。僕は彼と研究をしてもう3年以上になるので慣れてはいるんだけど、同じ先生についている後輩達はいったいどうしているんだろう、と心配になるくらいです。

スキャンして晒そうかと思ったけれど、さすがにそれはまずいだろう、ということでやめます。でもほんとにすごいんだからっ!笑

字をきれいに書けることが評価されるのって日本にはあるけれどこの国にはない文化のような気がする。アルファベットがお上手ですね、とか言われないじゃんね。でも僕の友達でニュージーランドと中国のハーフの人は、英語を書くときにも時間をかけてゆっくり非常に丁寧な筆記体で書くので、そういう人もいるんじゃないでしょうか。それともそれは彼の中国人のお母さんの影響なんだろうか、、、。

僕は人に手紙を書いたりするときは、丁寧に日本語でも英語でも書くけれど、もう何年もつけている自分の日記を読み返してみると、読めなかったりすることもあります。自分しか見ないであろう文章には手を抜いているようです。

将来もし先生になったら、「先生の書いた字汚くて読めません」と言われるようにはなりたくないと思いました。
posted by Ucchy at 08:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。