2009年03月03日

晴れ&蝶

知る人は知っていると思うんですが、僕は根っからの虫好きで、日本に居た頃は(もちろんブラジル時代も)暇さえあれば夏は虫を取りに出かけていたくらいで、こっちに来てニュージーランドの虫の少なさにがっかりしたんですが、今日、うちのそばにいる白い花にたくさんの虫が群がっていて、ちょっと興奮して写真を撮ってしまいました。

重いの覚悟で高画質写真ですよ。

P1120812.JPG

P1120822.JPG

石垣島を一人で旅行したときに、竹富島という隣の小島へ船へ行って、その島のハイビスカスに蝶がたくさん群がっていたんです。そんな風景を思い出しました。もちろん規模がちっちゃくて全然迫力ないけれどね。花も虫もちいさくて。

北島のちょっと亜熱帯に近いところだと、小さいけれどクワガタの固有種なんかもいるようです。いつか一人で行ってみたいものです。
posted by Ucchy at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職への悩み

博士の仕事探しについていろいろ今考えているんだけれど、なんだか手探りでいろいろ大変そうです。新しいことをするのは好きなので、まあなんだかんだ言って楽しんでいるんですが、特に日本の会社や組織が関係してくると、メールをひとつ書くだけでどっと疲れます。こういうこと言ったら失礼じゃないか、とか、文体はこれでいいのだろうか、などなど。

英語だったら、ヘイユー!とまでは行かないまでもお互いカジュアルに質問したりできるのにね。

ただ、日本のファンディングや、研究所を就職のオプションに入れる、というのは悪いことでもないな、と思っています。僕は本当は大学で教えたいので、第一希望はヨーロッパあたりの大学なんですが、ニュージーランドでもオーストラリアでも、ましてや日本でも、条件によっては行こうかな、と考えています。

就職が厳しいかな、と思ったんですが、世界で見ると、意外と大学関係はそこまでひどくはなさそうです。仕事は選ばなければいっぱいありそうです。なので今のところはこうやって楽観視しているわけですが(半年後くらいに泣いてるかもしれないけれど)まあ今からいろいろ考えて損はないはず。

ただ、博士になってしまうと、研究実績がすべて、というようなことが多く、僕のように、生徒会活動とか文化活動をやたらとやってきた人でもあまり考慮されないのかなぁ、なんて少し残念に思います。別に研究実績が悪いわけではないんだけれど、人間それだけじゃないじゃんね。

とりあえず今やらなければいけないのは学術論文を増やすことなんですよね。いい研究結果があっても発表しなければ実績にはならないですから。ふー。
posted by Ucchy at 06:29| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。